私が心がけている給湯器が故障しても問題ない対策

給湯器があることによって、毎日お湯を使うことができるわけですが、逆に言えば給湯器が壊れてしまうと一気に生活が不便になってしまうわけです。お湯が出ないというのは想像以上に辛いもので、お風呂に入ることもできなければ食器などの洗い物も大変になります。夏ならこれらもなんとかなるかもしれませんが、皮肉なことに給湯器の故障は秋や冬に多かったりします。

電圧ディップ / 短時間停電|エヌエフ回路設計ブロック

そうなってからでは遅いので、私は普段から給湯器が壊れても慌て問題なく過ごせるよう、対策をしています。根本的な問題が解決するようなものではありませんが、修理が終わるまでの間は、なんとかこれで乗り切れるんじゃないかなというものです。

まず、お湯をある程度まとめて用意できるように、大きめのヤカンと電子ポットを用意しています。これがあることで、お風呂なんかは流石に無理ですが、水で薄めながら使えば洗い物程度なら問題ありません。意外となんとかなります。

再生可能エネルギー県内ポテンシャル量|エネルギー課 再生可能エネルギーのページ

お風呂については近所の銭湯の営業時間と休業日を把握しておき、もし銭湯がやっていない時には仲のいいご近所さんにお風呂を貸してもらえるよう頼んであります。

そして、肝心の修理会社です。基本的にはメーカーに頼めばいいわけですが、メーカーの電話窓口も営業時間が限られています。それらもしっかりと把握しておくことで、慌てずに対応できますよね。

太陽光発電 電気代

実際にお湯をどうにかするには、ヤカンやポットを使うしかありません。そういう面では対策を取り辛い部分ではありますが、何かあった時にまずどう行動するべきかを把握しておくことはとても大切なので、必要になるであろう情報はあらかじめ入手しておくことも、対策の一つですよね。